車の事故は自分自身だけの事故と他人が関与した自動車事故がございます。自分だけの事故の場面では自分自身だけで対応をしてしまえば終わりとなりますが、第三者が巻き添えになった自動車の事故は各々にどのような落ち度が存在したのかをチェックして、この状況によって車の修復のお金が示談金の額かいくらのかなどが決められるので保険屋さんの人を交えての相談が不可欠です。大概の事故の際、それぞれに多少なりとも落ち度があるケースが大部分で一方だけの責任を言及する場合は少ないです。当然ながら信号を無視してしまったり一旦停止無視などの交通違反によって起きた事故は多大な手落ちになりますが被害者側にもミスがあったと言われます。車での事故のケースでは誰の落ち度が原因で起きたのかというのが物凄く大切になりますのでこの判断を分かりやすく示したのが《過失割合》です。例として、先ほど登場した赤信号で止まらなかったり、一時停止を無視した場合なら、交通法であれば相手の人が全部の過失があると考えますがこの状況で事故の原因になった車が被害者の前方から近づいてきて目で確認できた場面であれば自動車の事故の被害者でも注意が足りないと1割ほどのミスがあると言われるかもしれません。言うならばその条件では事故を起こした方が9割事故に巻き込まれた方が1割過失の割合と結論付けされ割合が大きいとそれに応じた落ち度が問われるのです。交通事故の過失の割合それまでの車の事故の判例を元に決められるケースが大部分で日弁連の交通事故相談センターから発表されている認定基準表となるものが参考として利用されています。このような過失割合の、割り当てが大きいほど責任、結果的に損害賠償額も大きくなりますから、事故後の話し合いは本人同士だけでなく車の保険の担当の方を交えて冷静に協議することが必要不可欠です。