現在では変わった事例を除いて割引券売店で買い物をしてもクレジットカードを用いる事が出来る売店は存在しません。そのような事でJCB、MasterCard、Diners clubなどのギフトカードを使用した間接的クレジットの例はほとんど現実的に用いるということはできないだろうと思います。それならどういう技を使えば直接的でないクレジットが出来るのでしょうか?といえばそのやり方とは近頃流行している電子マネーという名前のEdy(エディ)、Webmoney、だったりSuica(スイカ)、WAON、nanacoなど。実は、これらを利用して直接でないクレジットカードの使用をするという事も出来るようになるのです。PASMO、iD、とかSuica、WAON、nanacoなどはクレジットカードで買い取るという事が可能なのギフト券◆PASMO、iD、Smart Plus、だったりWAON、nanacoなどに聞き慣れない人たちからしてみるとなんとはなしにレベルが高い印象を頭に描く可能性があるかもしれませんがこれらの電子マネーというものはたとえるならいつも使っているのと同じ商品券です。VISA、Diners clubなどのギフトカードとまるっきり相違点はないのです。重ねてこういう電子マネーというものはクレジットを運用して簡明に購入することが可能な所が便利だったりします。またこのような電子マネーというものは最近、オンラインゲームの支払いはじめとして街ナカや多岐にわたるお店などなどにおいても実用できるようになってきているようだ。「当店の支払いにはカードはご活用できません」というように表記しているような店舗でもPASMO、iD、またはICOCA、VISA Touch、nanacoなどなら活用できるケースがいっぱいあるのです(クレジットカードポイントが確実に貯められる)。よってクレジットが使えない店舗で間接的にクレジットを使う技術でクレジットカードポイントをもらえる分だけ貯めてほしいという技術です。いつも通り買い物を楽しんでいるに限られているとゲットできないクレジットポイントであるため是が非でも、駆使してほしいです。