かつては婦人にしか利用不可能というクレジットカード会社といったものが存在したりしたのです。当時本当にいかなる理由で女性だけなのかという思いがしたのだけれども、現代においても女性のみしか使用不可能というローンというものは存在するのでしょうか。斯うした疑問にご回答していきます。当時はカード作成に店頭カウンターへと出向くということが基本で、最近のようなホームページからカード発行ができる仕組みといったようなものもありませんでした。コンピュータそのものも、最近のグラフィックソフトというようなものをインストールすると問題等が生じてしまうといったような時代で昨今みたいに浸透していませんでした。そういう背景というようなものもあり店頭などによって集客していたわけです。いかなる理由で婦女専用であるのかといいましたら、その時の街金というのは、悪い印象というのがあり婦女には敷居が高く思われていたというわけなのです。そんな印象をぬぐい去るため受付といったようなものも女性にしておいて、店舗を朗らかな感じにして婦人の取り込みを計ったのが女子専属ローンとなるのです。無人契約機というのが生まれたのもそういった理由だったりします。このようにしてお分かりのようにそういうわけで現在も婦人専門キャッシングなどをしているクレジットカード会社といったものが存在します。WEBページでもうし込みといったようなものができる最近では、必要がないように思ったりしますがその時の消費者というものもシルバーになっていてそのころの心象というものがなおあるのでそう気軽jに利用できないという方が多いです。若年層はそういうイメージがないですから気楽に申込可能であるのだけれども、カード会社としましては老人も獲得したいなどという意図があるので昨今も残存していたりするようなのです。婦人専門などという事で何かメリットというものがあるのかと考えたりしたのですが、金利等々というようなものを比較しても大した相違する点はありません。そのような事からも今後この仕組みというものが継続するかはわからないと思います。