クレカを機能停止することそのものは案外取っ付きやすいものではありますが、契約失効する前に知っておきたいいくつかの留意点に関してもわかってしまえば、クレカの無効化についても滞りなく進めることが簡単になるに違いありません。箇条書きに整理致しました故出来れば参照して下さい。クレカ加入後半年も経たずいきなり解約するという行為は非推奨⇒クレジット発行した直後ただちに手にしたクレジットを使用取りやめにしてしまったならば、ブラックリストに入れるべき人物という風にカード会社において認識されてしまうという意図せぬことがある(特殊な例として立て続けに登録→使用取りやめになどという作業を行ったようなとき)。実際に契約成立時の限定特典目当ての登録のケースには商品券またはサービス・ポイントというような登録特典を残らず味わったというような理由で即座に契約破棄の作業をしたいと思うようになってしまう意向ももっともです。とは言え、クレジットカード会社側の視点を基準にして検討してみればそのような契約者にもう自社の用意するカードを使ってもらいたくないと利用者を切り捨てるのは文句は言えません。もし登録時のプレゼントだけを目当てにカードという代物を作ってみたケースでも、すぐに登録解除手続きを実行せず最低でも半年、可能ならば365日よりもクレジットカードを契約を破棄せずその後解約するように推奨させて頂きます。また登録時のプレゼントということに限定せず薦められて申し込んではみたものの使いにくいな・・・という状況にあっても、少なくとも180日以上財布の中のカードを所有しておいてください。クレジットを受け取るが予想するよりクレカという品物を事務作業等を含めて作成する用の人件費というものは避けられないものだと割り切ってほんの少しでも楽をさせてあげようというふうに少し気を遣って頂けるのならばクレジット会社も助かるだろう